LIUB@「100年の樹」

Light It Up Blue@「100年の樹」

世界自閉症啓発デー(4月2日)ならびに、発達障害啓発週間(4月2日~8日)にLight It Up Blue ライト・イット・アップ・ブルーの取り組みを、大分市の中心部にある大分いこいの道広場の100年の樹」で行い、ホール等周辺地域で自閉症をはじめとする発達障がいに関わる様々な催し物を行う。

事業内容

・世界自閉症啓発デー(4月2日)・発達障害啓発週間(4月2日~8日)に啓発活動の一環として、大分駅上野の森口に有る、大分いこいの道広場「100年の樹」の周辺に啓発の為の看板を設置し、夜間 ブルーにライトアップする。

・世界自閉症啓発デー(4月2日)・発達障害啓発週間(4月2日~8日)に啓発活動の一環として、自閉症児・者のアート作家の作品展示並びに自閉症児・者の作家の関連商品の販売をJ:COMホルトホール大分のロビー・エントランスホールにて行う。

・世界自閉症啓発デー(4月2日)・発達障害啓発週間(4月2日~8日)に啓発活動の一環として、自閉症児・者の日常を捉えた写真の展示並びに障がい有無に関わらず相互理解を果たす為の講演会やイベントをJ:COMホルトホール大分にて行う。

『世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間』とは

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間と定めて、全国の市町村で、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動が行われています。
100年の樹

『Light It Up Blue』を詳しく知りたい方は、こちらへ

   LIUB JAPAN 実行委員会