事業計画

Light It Up Blue@「100年の樹」

世界自閉症啓発デー(4月2日)や発達障害啓発週間(4月2日~8日)にランドマークや名所旧跡をブルーにライトアップする取り組みで、世界170カ国、日本でも211箇所で行われているライト・イット・アップ・ブルーの取り組みを、大分市の中心部にある大分いこいの道広場の100年の樹」で行い、ホール等周辺地域で自閉症や発達障害に関わる様々な催し物を行う。

このイベントを通じて、市民への自閉症および発達障害の一般啓発の促進を図り、理解から共感に繋ぎ誰もが幸せに暮らせる街造りに貢献する。

『世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間』とは

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間と定めて、全国の市町村で、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動が行われています。
100年の樹

『Light It Up Blue』を詳しく知りたい方は、こちらへ

事業内容

・世界自閉症啓発デー(4月2日)・発達障害啓発週間(4月2日~8日)に大分駅上野の森口に有る、大分いこいの道広場「100年の樹」の周辺に啓発の為の看板を設置し、夜間 ブルーにライトアップする。

・啓発活動の一環として、自閉症児・者の就労や日常の写真展示並びに自閉症児・者の作家の関連商品の販売をJ:COMホルトホールのロビー・エントランスホールにて行う。

・啓発活動の一環として、自閉症児・者のアート作家の作品展示並びに自閉症児・者関連のセミナーやコンサートをJ:COMホルトホールの小ホールにて行う。

夜のホルトホール 100年の樹

来年の Light It Up Blue@「100年の樹」2019 は、小ホールも会場として使用し今年より規模を拡大して、個性豊かな4名の講師や歌手の方をお呼びしてセミナーとコンサートを開催する計画にしております。是非とも、ご来場頂けます様、宜しくお願い致します。

障害有無に関わらず相互理解を果たす為のセミナー・コンサート

4 / 2(火) 発達障害とコミュニケーション       
講師 岩川 義枝 氏      
14:00開演 15:30終演

自分一人では、解決できないこと困りがあれば、応援してくださる方々たくさん いらっしゃいます。 みなさんは自分の思いをどのようにお話ししていますか?ご自分の思いが伝わるコミュニケーションを、ワークをとりいれながら楽しく学びましょう。

4 / 3(水)うまれてきてくれて ありがとう   
歌手 高橋 亜美(mon)さん   
14:00開演 15:30終演
18:30開演 20:00終演

糸島市に在住。二人の子どものお母さん。叔父の「にしきの あきら」に憧れて幼少の頃から歌手になるコトを決意。在日韓国人やADHD(注意欠陥多動性障害)であるがゆえにイジメを経験し、子を亡くした悲しみや体外受精を体験したからこそ気付けた「いのち」の大切さなどを歌と語りで伝えます。

 

4 / 4(木)短期記憶で悩む発達障害の方へ        
講師   松井 達治 氏
19:00開演 20:30終演

脳内の扁桃体は記憶に著しく関係し、また社会性にも関係するといわれています。自閉症の人には短期記憶が困難で長期記憶が得意という特徴があります。『すぐ忘れてしまう』とか短期記憶に悩まれている方、記憶術を体験してみませんか。体に何か変化があるかもしれません。自分の脳と向き合う体験型セミナーです。

 

4 / 5(金)発達障害とアンガーマネージメント     
講師   内田 俊晴 氏    
19:00開演 20:30終演

わかって欲しいからか、つい人を怒鳴ってしまう。自分の気持ちを上手く表現出来ない方や、その支援者の方が怒りのメカニズムを紐解くアンガーマネージメントを学ぶと暮らし易くなるかもしれません。皆さん「上手な怒り方」がある事を知っていますか。

 

個性豊かな講師や歌手の方々、それぞれのお立場からの視点で、ご参加頂いた皆様が発達障害の理解を深め、少しでも多くの市民の方に自閉症・発達障害の事を知って頂く事が出来る事を願って、来年4月2日〜8日 Light It Up Blue@「100年の樹」2019 を開催致します。

障害の有る人も無い人も互いに理解し「人として安心して暮らせる社会」が広がっていく事を願って私達は活動致します。今後とも変わらぬご声援ご協力を賜ります様、宜しくお願い致します。