私たちの提案

青で伝えたい想いがある

 「青いペンを取ってください」
例えば 色という視覚的な情報を入れるだけで「見てわかるようにする」ことで 自閉症の人には 理解しやすくなる場合が多々あります     誰もがわかりやすい、理解されやすい「工夫」をして伝えていく事 障害の有無に関わらずお互いを理解する事が  この現代の多様な価値の共有を認め 共に生きる「共生社会」へつながると思います  自閉症をはじめとする発達障がいを持つ人々が暮らし易くなる様に「誰もが安心して暮らせる社会」が広がっていくことを願って私たちは活動しています